志摩スペイン村 新アトラクション

志摩スペイン村といえばフラメンコショーや参加型パレード。明るく陽気な雰囲気をかもし出したスペインパークです。冬場よりは春~秋にかけてが賑やかなパーク内を経験できます。2013年3月オープンのアトラクションも注目。

 

2013年新アトラクションは?

2013年3月1日オープンの新アトラクションは『フェリスクルーズ』場所はコロンブス広場です。「フェリス島の伝説」というバックストーリーに沿った、激しくないボートライドのアトラクションです。全体的に志摩スペイン村は小さな子供から大人まで楽しめるようになっていて、激しい乗り物と緩い乗り物とはっきり分かれているのが特徴です。新アトラクションは緩いタイプといえます。

バックストーリーはオリジナルなので、待ちの列で島の地図や解説を見てみましょう。その先に船着場があり乗船します。スペインのお祭り風景などを眺めながらのボートの旅をしましょう。水のアトラクションで勢いよく噴水が噴き上げてきますので、風がある日は水濡れに注意ですね。ちなみに滝がありますが、もちろん頭からかぶるということはありません。

実はこのアトラクションは以前「アドベンチャーラグーン」というアトラクションでした。当時の要塞のようなものもボートから見えて、洞窟のような出入り口が見えたりもしますがこのアトラクションでは入りません。

他には『チャプチャプラグーン』、カンブロン劇場の『スペイン世界遺産紀行』が新しいアトラクションやプログラムです。

 

ショーやパレードは要チェック

一際スペインを感じさせてくれるのがショーやパレードです。イベントは期間があるので、狙っているものがあれば日にちをチェックしたほうが良いですね。

「フラメンコライフ」は伝統にプラス現代風にした楽しいステージです。500円ワンドリンク(ジュース類)なので、別料金を払うという点でスルーしてしまう人もいますが、本場スペイン人ダンサーのフラメンコが見られるのは嬉しいところです。

「エスパーニャ・カーニバル」はスペインの伝統工芸で作られた独特の人形を乗せたフロートが登場。テーマパークというとキャラクター中心のパレードですが、こちらはスペインのお祭りや文化が中心のカラフルで陽気なパレードです。このフロートに乗ってみたい、パレードに参加してみたいという人にはチャンスです。エスパーニャ通り「フォトファンタスティカ」で申し込むとキャストが説明してくれて、マントなどの簡単な衣装を着せてくれます。先着4名、身長130cm以上で、記念写真付1500円。フロートで手が振れたら素敵ですね。

 

ホテル志摩スペイン村とひまわりの湯

園内マップを見ると、マップの左側にはアトラクションではない建物が見えます。これが『ホテル志摩スペイン村』と『ひまわりの湯』です。ホテル志摩スペイン村はオフィシャルホテルでもありますが、パーク内ホテルとしてロビーでのフラメンコショーなどイベントもあります。ひまわりの湯は天然温泉です。海に面している自然豊かな景色の中、旅の疲れを癒すという趣向。遊んでへとへとになって家に帰るのではなく、少しでもリフレッシュできるかも。

子連れ旅行におすすめな、日本全国のテーマパークを紹介します。