夏はナガシマスパーランド

夏のプール付テーマパークのターゲットはナガシマスパーランドでしょう。プールは2013年は6月29日~9月23日までの開催です。アトラクションも充実していて、本格的な絶叫系から、就学前の子供が遊べるところまで網羅しています。スパーランドというだけあって、『湯あみの島』も広い露天風呂などは子供も大人も嬉しいですね。思いっきり遊んで、思いっきりリラクゼーションなランドです。

 

新絶叫アトラクションも楽しみ!

よくぞここまで絶叫系を集めたというくらい、絶叫系が充実しているナガシマスパーランド。身長さえ見合えば、三半規管が元気な子供は制覇したくなるでしょう。

この絶叫系にさらに新アトラクションが2013年3月にオープンしました。「スチールドラゴン2000」です。ジェットコースターも怖さは色々ですが、これはジェットコースターにプラス落差恐怖ありという感じです。観覧車よりも高いところから68度の角度という落差は、想像するだけで気が遠くなりそう。重力から開放されたマイナスGの世界を体感ですから、絶叫系大好きな人には世界級という楽しみですね。

大人気の「ホワイトサイクロン」も健在です。世界最大級の木製コースターは話題になりました。木製ならではのきしみや振動が怖くてたまりません。落ち物が好きな方には「フリーフォール」などがあります。絶叫系は普通メインが1つ2つというテーマパークが多い中、ここは好みで選んでいけますね。

 

キッズも楽しめるキッズタウン

絶叫系アトラクションは身長制限がありますし、小さい子供が乗れるものも欲しいですよね。ナガシマスパーランドはキッズも楽しめるキッズタウンだけでも、小さい子供にとって充分一つの遊園地になっています。「ちびっこひろば」は屋根付なので雨でもOKです。遊園地デビューの小さな子供でも遊べる遊具がたくさん。滑り台、ジャングルジム、三輪車・・・等など。安全を考えてほとんどをセーフティーマットで囲んでいるところも、さすがと言えるでしょう。ここはパスポートではなく現金になります。

キッズの絶叫系(?)もあります。ラビットコースターやスピンボートなどは小さいながらもスリルが味わえそう。こちらはパスポートも使えます。定番のメリーゴーランドや汽車やゴーカート、ティーカップやスカイライナーなどもあって、キッズといえど充実している遊園地になっています。

 

夏はプールもメインの一つ

大型遊園地であるナガシマスパーランドですが、夏場のプールもおまけとは言えないしっかりしたメインです。屋外なので2013年は6月29日~9月23日までの開催になっています。このプール、なんと伊勢湾の海水を使っています。もちろん消毒殺菌してあるので、通常の海水浴より安全ですね。スライダーも身長制限別に各種揃っています。小学生以下の「子供ワイルドリバー」などもあり、スライダーでも幅をみせています。プールはジャンボ海水プールの他に波のサーフィンプールや流水プール、滝プールや温泉プールなどあって、これも大人から小さな子供まで網羅しています。無料休憩スペースもあるのが嬉しいところです。

パスポートは入場のみや遊園地のみもありますが、夏場はプールもセットのワイドパスポートがあります。しかしプールを含めて全部を楽しもうとすると、一日ではとても足りないですね。

 

湯あみの島でお風呂三昧とアウトレットも

ナガシマスパーランドは「ナガシマリゾート」の一つですが、リゾートの中には「湯あみの島」というスパがあります。「奥入瀬渓流の湯」「黒部峡谷の湯」と分かれていて、それぞれ室内温泉、露天風呂、打たせ湯、足湯、ジャグジーと揃っています。他に指圧やマッサージ、エステのボディケアルームや睡眠のリラックスルーム、食事をできるところもあります。長島温泉を豊富に使った温泉でゆったりと楽しみたいですね。

さらに『ジャズドリーム長島』というニューオリンズの街をモチーフにしたアウトレットモールまであります。遊んで癒してお買い物もしてという、多彩な楽しみがあるリゾートといえるでしょう。

子連れ旅行におすすめな、日本全国のテーマパークを紹介します。