那須ハイランドパーク 割引あり

広大な那須の自然の中に現れた那須ハイランドパーク。アトラクションは小さな子供から絶叫系好きな人まで網羅しています。ショップやレストランもめぐってみると楽しいですよ。

 

キャラクターがいっぱい!?

那須ハイランドパークは、本来のキャラクターの他にやってくるキャラクターの数が半端ありません。とりあえず、2013年3月から6月9日まではドラえもんです。「ドラえもんジャングルランド~ひみつ道具で大冒険~」は謎のジャングルを舞台に、「見て・探して・考えて・集める」をテーマにしたイベントです。大人から子供まで楽しめますよ。しかも雨天OK!

BANDAIのキャラクターは、大人から子供までおなじみが多いです。おもちゃ展示ブースや、館内モニュメント、貴重なアンティーク、プレイエリア、体験型イベント、ショップと盛りだくさん。大人も楽しめるかどうかは、キャラクターにもよりますよね。そう、ウルトラマンも入っています。結構年配の方も珍しく感じるのではないでしょうか。それ以降の年齢だと、ガンダム世代がいますよね。ガンプラコーナーもあります。最近だと、プリモプエル、きかんしゃトーマス、アンパンマン、たまごっちなどから、プリキュアや戦隊やライダーシリーズ、ワンピース・・・・。お父さんお母さんも、恥ずかしがらずにモニュメントと一緒に写真を撮ってしまいましょう。バンダイミュージアムのほうには、昔の懐かしいおもちゃ、欲しかったけど手に入らなかったおもちゃなどがあるかもしれません。

このように那須ハイランドパークは本来のキャラクター「ウーピー」「ナッピー」の他にもたくさんのキャラクターがいます。

 

アトラクションは小さい子供から絶叫系まで

那須ハイランドパークの10大コースターは『ウォーターコースター』『キャメルコースター梧空』『スピンターンコースター』『サンダーコースター』『ビッグバーンコースター』『パニックドライブ』『ウーピーコースター(2013年GW)』『アドベンチャーコースターSHINPI』『F2』『バッドフライヤー』があります。これのうち、3歳以上で楽しめるのは『アドベンチャーコースターSINPI』です。マヤの地底湖をめぐる大冒険がコンセプトになっています。

ピカチュウが大好きなお子様がいらっしゃるなら『ポケモン4Dシアターミュウを探せ』が良いでしょう。ファミリー向けもたくさんアトラクションがあるのです。『リバーアドベンチャー』は水しぶきをあげて激流を下るものですが、3歳以上であれば保護者同伴で利用可能です。

こういったテーマパークには恐怖の館みたいなものが付き物ですが『ダークキャッスル』がそれにあたるでしょうか。全長144mのコースをライドで進みます。小学生未満保護者付きですが、怖いもの大好きな小学生は見てみたいかも。

 

パスポートはWEBで割引

WEBにアクセスすると、インターネット限定「特別割引券」があります。印刷してぜひ使いましょう。

料金は入場料+ファンタジーパスで、大人4900円。子供3500円。シニア3600円です。ファンタジーパスは一部の機種を覗いて乗り放題チケットになります。他にアフタヌーンパスや、トワイライト料金があります。

子連れ旅行におすすめな、日本全国のテーマパークを紹介します。