りんどう湖ファミリー牧場でアルパカ

那須りんどう湖ファミリー牧場は、大自然の中にあるダイナミックなテーマパークです。位置的には那須ワールドモンキーパークやテディベアミュージアムなどが近くにあります。同じ那須には那須ハイランドパークもありますね。

新しいアトラクションがオープンしたばかりでもありますが、他にゴールデンウィークにあわせた新エリア増設など楽しみが多いパークです。

 

動物にふれあいたい・アルパカはどこ?

りんどう湖ファミリー牧場といったら、アルパカが有名です。本物のアルパカを見られるって、驚きと一緒に嬉しい体験になるでしょう。でも他の動物もなかなか楽しいです。ここのジャージー牛は無農薬栽培の緑茶を混ぜた飼料をあげてます。余計な脂肪分は与えない、健康的な牛なのです。そう聞くとジャージー牛乳が飲みたくなってきますよね。そこで、乳搾り体験をすることができます。時間が決まっているので、要チェックですね。この牛乳は本来、お母さん牛が子牛にあげるもの。そこで子牛のミルクあげという体験もあります。これは子牛の体調もあるので、現地で聞いてみましょう。ジャージー牛乳を使ったソフトクリームや牛乳、ヨーグルト、飲んだり食べたりできますよ。ぜひ体験して味わってみて欲しいと思います。牛乳が飲めない子供でも好きになってくれるきっかけになってくれるかもしれません。もっと踏み込んで調理したジャージー牛乳をというと、クラムチャウダーもあります。

りんどう湖ファミリー牧場の動物は他に、羊やヤギ、馬にミニホース、ポニー、犬、アヒル、白鳥・・・・色々いますよ。乗馬や餌をあげたりの体験もあります。犬のレンタルもあります。犬を飼おうか迷っているファミリーには、試しに一緒に散歩したりしてみるのも良いきっかけですね。逆に、ワンコ連れで預かりもあります。

 

普段ではできない体験をお土産に

手作りバターは簡単にできます。小さい子供でも参加できますね。持ち帰ることができず、その場で食べることになりますが、生クリームの種類などを聞いておいて自宅で作ってみるのも楽しい体験のお土産になりますね。他に手作りクッキーや手作りアイス、手作りピザ、手作りチーズに手作りソーセージ。

食べ物だけではありません。セラミック陶器の絵付け、キャンドル作り、ディンプルアート(ガラスの小物入れに特殊インクで色付け)、オルゴール作り、ナチュラルハンディークラフト、染物体験などがあります。

鉄道などに興味がある子供でしたら、スイス登山鉄道で現在使用されているという車輪の展示を見て触ってみるのも嬉しいでしょう。まずあまりお目にかかれません。

 

アトラクションも自然を生かして豪快

「ジップライン~KAKKU~」はりんどう湖をワイヤーで滑空という豪快さ。正真正銘湖上なので、雨天時はもちろんお休みです。小学3年生からの利用になります。

遊覧船やスイス鉄道、ゴーカートなどは自然を眺めながら楽しめます。スイス鉄道は葉型レール区間がありますよ。展示もしているので乗ってから見てみるのも興味深いでしょう。ゴーカートよりも、もっと豪快に行きたい方はウルトラバギーはいかがでしょうか。林間のアップダウンダートを突き進みます。こちらは身長150cm以上です。アーチェリーやバズーカ砲(ボールが飛びます)などもあって、男の子などは大興奮かも。他にはペダルボートやメリーゴーランド、ちびっこアスレチックなどもあります。身体を使って遊んだり、触って見て刺激いっぱいです。

 

ゴールデンウィーク以降は楽しみが増える?!

2013年3月下旬には「ふれあい動物園」内のふれあい広場に、高見台と渡り橋ができてリニューアルされます。ゴールデンウィークには新エリアも登場。水のファンタジーゾーンが新設されて、ミストの丘や噴水やジャブジャブ池など、これからの季節にはたまらない遊び場が増設です。軽食コーナーも増えますから、以前に訪れたことがあるファミリーも再来園を検討できるかも。

子連れ旅行におすすめな、日本全国のテーマパークを紹介します。