鴨川シーワールド シャチ・イルカショー

鴨川シーワールドは千葉県外房にある、シャチのショーで有名な水族館です。アクアラインが出来、通行料が下がったことによって、東京神奈川からのアクセスが良くなりました。千葉外房は太平洋に直に面していますが、北よりの海は少し灰色がかっていて、南の館山に向かうほど海の青に緑色が増えて美しい海を見ることができます。

 

色んな角度から堪能できる水族館

「エコ・アクアローム」は一般的な水族館を、より自然な形に近く、そして美しく魚を観賞できるように配慮されています。マンボウの飼育で実績もあり有名ですね。ここの水槽の一部で映画『ウォータボーイズ』の撮影がされていました。

『トロピカルアイランド』は、南国の海に生きる魚たちです。ここはホッとしてうっとりと見入ってしまうほど美しいエリアです。南国の色とりどりの魚たちが、さらに映えるように周囲の岩や砂を工夫してあったりします。見上げる大水槽は圧巻ですよ。

『海がめの浜』はぜひ足を止めて、その向こうの見分けが付かなくなるような海と一緒に眺めてください。白い砂浜と海を模した海がめの浜は、日本にいることを忘れてしまいそうです。

 

環境に合わせた施設で魅力を引き出す

寒い地方に住んでいた動物たちは、ポーラーアドベンチャーにいます。陸上にいるペンギンと水中ですごすペンギンを両方観察できるようになっています。また、ラッコも寒い地方の生き物です。可愛い表情を観察してみましょう。

ロッキーワールドにもペンギンがいます。でもポーラーアドベンチャーにいる種類とは違います。こちらはイルカやアシカなどと一緒にいます。

自然の行動に近いものを観察できる水族館として旭川水族館が有名になりましたが、こちらも観察しやすいです。

 

パフォーマンスは水がかかる場所は避けて?

鴨川シーワールドはパフォーマンスでも有名です。イルカのパフォーマンスもありますが、これは俊敏でびっくりするくらいです。しかし、イルカのパフォーマンスは他の水族館でもよくある話。ここではシャチが主役なのです。恐ろしいというイメージのシャチが、係りのお姉さんを乗せてジャンプしたりします。ダイナミックで圧倒されてしまいます。前列から数列までは、水がかなりかかります。水は勘弁という方は上段に座りましょう。ショーの中には、あえて「シャチに水をかけてもらいたい」という人のためにひれで水をかけてもらうこともできます。そういう場合は前列に近いほうが良いでしょう。

イルカが頭が良いことは知られていますが、白くて大きいベルーガもかなり頭が良いです。色々な問題を解決している様子や、コミュニケーションの様子は素晴らしいですね。他には定番のアシカショーもあります。これはプログラムによるかもしれませんが、結構笑えるものがあったりして、あっと言う間の時間を過ごせます。

 

特別な水族館体験

「ナイトアドベンチャー」は一時間くらいかけて夜の水族館を見学します。イルカやシャチ、昼間の顔とはちょっと違った雰囲気で見られるかもしれません。

「水族館宿泊体験」もあります。大水槽の広間で寝袋でお泊りです。ここは確かに「泊まって水槽を見ながら眠ってみたい」と思わせる場所でしたから、水族館大好きな方には夢のような企画です。春・夏の機関のみになります。

 

鴨川シーワールドホテルを拠点に

鴨川シーワールドホテルは非常に子供に優しいホテルです。小さい子供から思いっきり楽しめるでしょう。水族館の券がついていて、食事はバイキング。でも子供は食事時もすぐ飽きてしまって、親はおちおち食べていられないということがあるので、遊び場も併設しています。赤ちゃん用施設も充実していますし、夏場はホテルのプールも利用できます。

さらに、このホテルを拠点にして、水族館だけでなく周辺のマザー牧場などへ足を伸ばしたりもできます。割引券やパンフレットが置いてあるので、アクセスなども聞いてみましょう。

子連れ旅行におすすめな、日本全国のテーマパークを紹介します。